医院設備のご案内|港区表参道歯科 インプラント(大口式)・審美・矯正・セレック・クリーニング|デンタルデザインクリニック

alt

ホーム > ブログ

拡大鏡

最近。僕だけでなく歯科衛生士さんも拡大鏡を使ってます。むしろ拡大鏡無くしては診療ができない状態です。僕は4,7倍を使い始めましたが、びっくりするぐらいよく見えます。仕事が今までより格段に精密にできるようになりました。治療機器の進歩は著しいです。おかげでますます仕事が楽しくわくわくしてきました。
131313_0055_01_02.JPG

DAC

先週の日曜日の読売新聞の朝刊に歯科医院の切削器具(コントラ、タービン類)の滅菌が7割が不十分であるとの記事が載っていました。これを洗浄、滅菌するにはシロナ社製のDACという器具しかありません。このDACは器具の内部に高圧蒸気で洗浄し、その後温度と圧力をかけて滅菌するものです。使いまわしは前の患者さんの血液、唾液がこの器具の中に入り込んでいます。絶対にあってはならないものです。当院では開業当時からこの問題に真剣に取り組んできていました。当院にいらっしゃる患者さんは安心してお越しください。そしてもしご心配であったらスタッフにお申し付けください。実際にDACをお見せいたします。
121212_0010_11_07.jpgeee.jpg

最新のCT導入

最近、導入したプランメカのCTは素晴らしい。特にボリュウムレンダリングで見ると歯槽骨の状態が一目でわかる。当院のデンタルドックでも採用し、歯周病患者さんに役立てています。
右上8番は保存不可能かな?
%C5%C4%C3%E6_%C0%BF.jpg

拡大鏡

当院、デンタルデザインクリニックの特徴にすべての治療に拡大鏡を使っていることです。歯科の治療はたとえば髪の毛一本分でも高さが高いと感じます。また歯ぐきと歯との間についた歯石なども拡大して見ないと見えません。まさしく精密さが要求される仕事です。そこでわれわれスタッフすべてに拡大鏡を使っています。歯科医師と歯科衛生士の両方でいつも取り合いになっていることもしばしばありました。現在では2倍、2,5倍、2,7倍、3倍の4つの拡大鏡を使っています。人間の裸眼では見えない隙間でも虫歯菌にとってみれば住み心地のいい洞穴に見えるかもしれません。ぴったりとした詰め物、ぴったりとしたかぶせ物、確実に歯石を除去することそれは私たちの誇りです。
DCIM0434.jpg%20sa-.jpg

「安全」と「安心」をご提供します。

昨日より、いよいよDACの運用が始まりました。DACとは普段使っているタービンやコントラなどの歯を削る器械の中の隅々までばい菌を殺して滅菌する機械です。従来の方法だと表面のみをおこなっていましたが、今度は中の細かいとこまで洗浄、滅菌することができます。当院では普段使っている器具のすべてを消毒、滅菌して皆さんに提供し、万全の院内感染対策を実施しています。そして厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境下、安全な治療をご提供します。
img114.jpg

SIRONA C4

昨日で歯科用ユニット(治療用の椅子)の入れ替えが完了しました。今までのはシーメンスのF1というユニットで約18年使用しました。今回は自分の歯科人生の半分の折り返し地点の節目として思い切ってSIRONA C4に入れ換えてみました。4世代進化したユニットはまさしく快適で患者さんも座った感触が、JALのファーストクラスだねと言ってくださいました。治療のしやすさも天下一品で照明も明るく快適に治療が行えます。色は迷った末、キャシー中島さんのアドバイス道理にシックにチャコールグレーにしてみました。皆さんもファーストクラスのシートに包まれて診療を受けてみてはいかがですか?
DSCN2530.jpgqqq.jpg
DSCN2533.jpgaaaa.jpg

診療室リニューアル

夏休みを挟んでいよいよ治療のユニット(椅子)に新しいシロナ社製のC4が導入しました。はっきり言って素晴らしいです。歯科用ユニットと言えばドイツ製が最も素晴らしくその双璧を担っているのが、シロナとKAVOです。両者の特徴はシロナがメルセデスベンツによく似ていて、KAVOが車でいえばBMWです。クリーニングコーナーにはすでにKAVO社製の1558が入っていますが、このほど18年使ったシーメンスのF1に代わってC4が入れ替わりました。メルセデスと同じでF1から4世代進化したC4は以前のすべての欠点が改善されていました。ちょうど僕のメルセデスベンツも90年式E320カブリオレから4代変わって今のE320CDIステーションワゴンに変わりました。これもすべてに改善されています。ベンツの格言で最善か無かという言葉があります。これはまさしくドイツの精神です。皆さんもぜひこの新しいC4ユニットで近未来的な最善の治療を体験してみませんか?

メイン | 次 »