医院設備のご案内|港区表参道歯科 インプラント(大口式)・審美・矯正・セレック・クリーニング|デンタルデザインクリニック

alt

ホーム > ブログ

カムログコングレスを終わって

最初の松本勝利先生の講演は素晴らしかったです。やはりこれからはインプラント+オーバーデンチャーだと思います。数少ない本数でさらに薄い骨やぼそぼその骨にインプラントを入れて補綴するにはオーバーデンチャーが最適です。また、取り外しが可能なので将来ケアーホームなどに入居したり寝たきりになったら清掃が簡単です。従来の固定式のオールオンフォーではむりです。なぜならケアーホームには歯科衛生士はいません。いるのは看護士かケーマネージャー、助手さんのみです。彼らは口の中の清掃はできません。そして、今ある総入れ歯を安定なものとしリンゴでもかめるようにするにはこのシステムは最高です。他の講演はプラステックサージェリーがほとんどで前歯6本の話ばっかりでした。主催者のみなさんにお願いです。前歯の話は半分ぐらいにしてあとはかむことを前提に置いた奥歯の話をしましょうよ。なぜなら歯は28本あるのですからその見えるところ12本の話をしてもしょうがありません。切った貼ったはいい加減にしてほしいです。また最新のCTとCADの組み合わせもいいですが、買える先生は一握りです。もっと一般的な話が聞きたかったです。残念!

絶対に第一小臼歯を抜かないで

患者さんのHさんの御嬢さんLさんのカウンセリングをたった今終わりました。ある先生からのご紹介ですが、今まで行っている矯正科の歯医者さんに「この次は上の第一小臼歯を抜きます」と言われたそうです。Lさんはお母さんのHさんに涙を浮かべて「歯は絶対に抜きたくない」と言ったそうです。そこで第一小臼歯を抜かないで矯正をおこなっている当院にご紹介いただいた次第です。検査をして模型などよく見てみるとこのケースは絶対に抜いてはいけない症例でした。教蚋合といって下の顎が後ろに下がっています。顎の動きをコンピューターで調べてみると明らかに後ろに下の顎が下がっています。ですから上の歯を抜歯によって後ろに下げるのではなく、下の顎全体を前に誘導することが重要です。もし上の第一小臼歯を抜歯すれば下の顎はさらに後ろに下がってしまい、顎関節症になってしまいます。歯科医師諸君、女の子の涙は無視しないで敬意をはらってよく考えてみましょう。

ウォーキング

今日はあまりにも天気がいいので平河町からオフィスのある表参道まで歩いてみました。ルートは平河町ー半蔵門ー四谷ー迎賓館横ー絵画館前ー外苑ー銀杏並木ー青山通りー表参道です。このルートは適度にアップダウンがあり約30分の行程ですが、緑が多くて非常に気持ちいいです。何度もブログに書いていますが、歩くことのメリットは運動のみならず脳のセレトニン神経を活性化することが分かっています。メタボ対策とうつ病対策には朝のウォーキングはもってこいです。僕は今53才ですが、運動のおかげでいつもわくわくするようなことを追い求めて人生を謳歌しています。体力年齢30代、精神年齢20代の気持ちでいつも頑張っています。
2011110509110000.jpgrrr.jpg

インプラントジャーナル連載中

只今、原稿を書いています。インプラントジャーナル連載中なので3か月に一回徹夜が待っています。今回はもう切った張ったの内容ではなく本当の意味での健康を取り戻すための内容です。咬合、かみ合わせ、今の歯科界では死語になったような感じがする言葉ですが、あえてこのテーマに取り掛かっています。こうご期待ください。

来年1月で54歳

今、年齢は53歳、来年の1月で54歳になります。もうそんな年になったのかという気持ちと、まだまだ世間では若造という感じの2面性を持っているといったところが正直なところか?昨日、患者さんのMさんご夫妻とゴルフに行った。Mさんは数年前にご自分の持っていた会社をスパッと売却し、今ではご夫妻でゴルフを楽しんでいらっしゃる。男の引き際をこうあるべきといったお手本のような生き方をしている。本当に尊敬できるご夫婦です。いざ自分に置きかてみるとそろそろ引き際ではないが、その準備をこれから10年でしていかなくてはならない。つまり借入金を少なくしていき、10年後には引退までは行かなくても、今までの大切な患者のみを診させていただき、診療日数を減らしていきたいと思う。何故なら自分の人生だから65才になったら考えるのではなく、今から準備していくことが重要だ。

頭にも栄養を

今まで体の栄養や運動療法などを書いてきましたが、こんどは頭の栄養とリフレッシュについて書きます。いつも息子と朝8時に家を出て息子と一緒に通学路を歩いていき途中にある半蔵門の本屋さんによります。池上明さんも毎日、本屋に寄っているそうですが、僕もほぼ1日おきに通っています。ただし池上さんのようにむずかい本ばかりでなく様々なジャンルの本を買います。今日買った本の中に、「江戸めしのススメ」があります。あさりと大根の鍋など代表ですが、寿司が庶民のファーストフードで職人がチョトつまんで仕事に行ったとか。でも決定的に違うのは防腐剤や食品添加材が全く使われていないことです。そして江戸文化に学ぶべきことは徹底的なリサイクル社会ができていました。和傘から下駄まで修理職人が居てほとんどゴミをださなかったそうです。震災後また不況に突入しつつある今、僕たちに何かヒントをくれそうな気がします。歯も悪くなってから歯医者に行くのではなく、悪くならないように一緒に考えていくことが究極のリサイクルですよ。

花嫁さん

本日、ある女の子(Yさん)の歯を最新のホワイトニングを用いてきれいにしました。このYさんは中学生のころから当院に来院されがんばって矯正治療を行ってきました。その後高校生、大学生の時も歯のクリーニングにいらっしゃいました。たまに甘いものの誘惑に負けて虫歯を作ってきたりしてうちの衛生士さんに怒られ、励まされて何とか綺麗な歯を維持してきました。そして来月に結婚式を行うそうです。その式に合わせてホワイトニングをおこなった次第です。お母様、おばあさまも当院の患者さんで親子3代になります。たいへん偶然ですが、われわれ夫婦が結婚式をした会場と同じだったところはびっくりしました。もちろん今回の治療費はT家のご結婚のお祝いにすべて無料にさせていただきました。Yさん本当におめでとう。そしてお幸せに。

最新のホワイトニング

やっと画期的なホワイトニングのシステムが見つかりました。なんと純国産で歯医者さんが考えたそうです。ついでにLEDの最新の光照射器も設備しました。最初に僕が体験したのですが、今までのと異なり全くしみなくかなりきれいになります。思えばホワイトニングを21年前にわざわざハワイまでいって買い付けに行きました。いずれにしてもしみない、痛くない、綺麗になる。最高のホワイトニングシステムが完成しました。名付けてスーパーホワイトニング。ご希望の方はすぐ電話ください。いまなら上下前歯6本モニター価格2万円でおこないます。
111114_0022_01_03.jpgqqq.jpg
002286_0008_11_02.jpgwww.jpg
002286_0008_11_16.jpgttt.jpg

photo

profile

  • 医院長 鈴木 光雄
  • Mitsuo Suzuki

デンタルデザインクリニック

  • 〒107-0061
  • 東京都港区北青山 3-7-10
  • D2Place 2F
  • TEL:03-3406-1115
  • FAX:03-3406-1116
  • 診療時間:9時45分〜18時 /
  • 診療日:火曜日〜土曜日 /
  • 休診日:日曜日・月曜日・祝祭日
2016/04
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー