医院設備のご案内|港区表参道歯科 インプラント(大口式)・審美・矯正・セレック・クリーニング|デンタルデザインクリニック

alt

ホーム > ブログ

テオドーラ

TVの旅サラダで紹介されたレストランでテオドーラにいってきました。シェフの天坂さんはこの店を一人できりもりしていて南仏の地中海料理が得意です。注文したのはさばのサラダ風味とジャガイモのニョッキ、ブイヤベース、イベリコ豚の炭火焼きです。どれをとってもおいしかったですが、特にブイヤベースはオマール海老が半身にアンコウ、鯒などの魚がいっぱい入ってました。最後のイベリコ豚は単純にフランスのおいしい塩で食べました。甘みがあり僕は牛肉よりも大好きです。本当においしかったです。
画像の確認

ビストロ ランジェス

昨日、久々にビストロランジェスに僕の師匠夫妻と母をつれて行ってきました。患者さんの荻原さんが鉄砲で獲った鴨を事前に持ち込んで料理をしてもらったものです。海がめのコンソメスープに始まって前菜、明石のヒラメの、鴨のコンフィと胸肉のメインデッシュと続き、最後は貴腐ワインとチーズで仕上げをしてデザートで締めくくりました。鴨のコンフィは絶品で骨までしゃぶりました。本当においしい料理を格安でいただき、大変にありがとうございました。

噛むこと

皆さんは噛むことについてどうお考えですか ?顎を動かしよく噛むことは唾液の分泌を良くして消化を助けるだけでなく、脳細胞を活性化し頭をよくしたり、呆け防止にもなります。卑弥呼のいた弥生時代は今の6倍の4000回以上、鎌倉時代でも今の3倍、戦前でも今の2倍は噛んでいました。しかし今ではマックなどのファースフードや加工食品の台頭で600回しか噛んでいません。そうなると噛む筋肉が衰えて何か生き生きしていない表情を示します。また、顎を鍛えられないので骨が退化してうまく成長しません。歯の大きさは遺伝的に決まっているので、結果的に歯が押しくらまんじゅうしてしまい歯並びが乱れてしまいます。山手線に乗っていても気になるのは若い子の歯列不正ばかりです。さてどうしたらいいのでしょうか。 つづく

噛むこと 2

まず、食生活を改善すべきです。お母さんはなるべく手づくりのものを作ってあげてください。Keyワードはマゴワヤサシイネです。つまりマ:豆類 ゴ:ゴマ類 ワ:わかめ類 ヤ:野菜類 サ:魚類 シ:椎茸類 イ:芋類 ネ:稲類 のことです。これらをバランスよく食べることが健康につながると思います。昔の日本のおばあちゃんが作ってくれた食事が一番ということですね。それでも歯並びが乱れてきた時には当医院の子供の噛み合わせプログラムをご利用ください。見た目だけでなく理想的な噛みあわせを作ることができます。

photo

profile

  • 医院長 鈴木 光雄
  • Mitsuo Suzuki

デンタルデザインクリニック

  • 〒107-0061
  • 東京都港区北青山 3-7-10
  • D2Place 2F
  • TEL:03-3406-1115
  • FAX:03-3406-1116
  • 診療時間:9時45分〜18時 /
  • 診療日:火曜日〜土曜日 /
  • 休診日:日曜日・月曜日・祝祭日
2016/04
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー