医院設備のご案内|港区表参道歯科 インプラント(大口式)・審美・矯正・セレック・クリーニング|デンタルデザインクリニック

alt

ホーム > ブログ

東日本大震災チャリティーコンサート

患者さんの竹ノ内さんのご紹介で東京商工会議所婦人部主催の東日本大震災チャリティーコンサートに行ってきました。今回はオペラユニット「レジェンド」のコンサートです。レジェンドは国立音大卒業生たちのプロの声楽家のチームです。椿姫の「乾杯」、カンツオーネ、日本の歌「ふるさと」などいろいろなジャンルを時には人々を笑わせながら、素晴らしいコンサートでした。それにしても鍵盤男子と称して2人のピアニストの技術はたいしものです。最後に僕のブログでも書いた小説「永遠のゼロ」を読んで、彼らも感動して曲を作って披露しましたが、なかなかのものです。今の若者たちにも「永遠のゼロ」に共感する人たちがいたなんてうれしい限りです。ちなみに「永遠のゼロ」の時のゼロ戦の模型が奥の院長室に飾ってあります。まだ、読んでいない若者たちよ、是非とも読んでみてください。13年には映画化するそうです。日本海軍がほこる戦闘機ゼロ戦ぐらい若者たちに知ってほしい。
121212_0004_11_11.jpgEEEE.jpg

銀河英雄伝説

子供と夏休みに再び銀河英雄伝説のブルーレイDVDを見た。改めてこの映画のすごさには感服した。今までのガンダムなどのアニメとは明らかに異なる。ただの戦闘シーンばかりのアニメと違い、戦略、戦術、政治、宗教、人間模様、民主主義、貴族社会、人類の歴史がすべて織り込まれている。特に帝国軍のラインハルトと自由同盟軍のヤン大将との性格の差が面白い。絶対的な支配をもくろむ天才ラインハルトと自由で常に民衆の味方で出世欲の全くないがヤン・ウエンリー大将。その他いろいろなキャラクター設定が興味をそそる。身近な人がどのキャラクターに当てはまるのかを検討してみると思わず笑ってしまう。さて自分を当てはめてみるともちろんヤン・ウエンリーだ。名誉欲もなければ出世欲もない。ただ単に今自分の与えられた責務を全うするのみ。ヤン・ウエンリーのようになりたい。

40女と90日間で結婚する方法

今朝、どういうわけか4時半に目がさめてしまった。とりあえずTVとつけてみると昨日のケーブルTVのチャンネルで「40女と90日間で結婚する方法」という映画が始まった。何気なく見ていたのが、どんどん引き込まれていった。飯島直子さん演じる40歳のカリスマ美容師と23歳のイケメン大手広告会社の恋のものがたり。飯島さんの40歳のおばさんというキャラだが、どんどん綺麗になっていく様子が面白い。内容は見てのお楽しみだが、30代、40代という女性におばさんというレッテルはおかしいと思う。昔、加山雄三が20代には20代の青春がある。30代には30代の青春がある。40代には40代の青春がある。50代には50代の青春があると。本当にそのとうりだ。読者のみなさん青春してますか?それにしても飯島直子さん、素敵な女性です。

僕等がいた

いま、映画館で上映中の「僕等がいた」の小説を読んでみた。吉高由里子が好きで少し興味があたったが、まさかこの歳で一人で映画館に行くこともできず、まずは小説を読んでみた。恥ずかしい話だが、あまりにも面白くて一気に読んでしまい少し涙ぐんでしまった。自分の高校生時代は男子校で2年の時は航空大学目指して勉強していたので恋愛どころではなかった。でももしタイムスリップできることなら小説のような共学で自由恋愛でもしたかったと思う。みなさん恋をしてますか?
img024.jpgee.jpg

特攻 零ーゼロー

昨晩、早く寝たせいか夜中に起きてしまい眠れなくなってしまった。深夜のケーブルTVで映画「特攻 零ーゼロー」を見た。これは実際にあった話のリメーク版である。今の若い人には理解できないが、特攻とは国のため、両親のため、妻や恋人にために飛行機に爆弾を抱えたまま敵艦に突っ込むのである。まさに自爆行為であるが、これはあくまでテロではないと思う。難しい政治論は置いといて、杉浦太陽演じる長谷川飛行兵と辺見えみり演じる芸者さんの会話が泣けてくる。「日本男児としてお願いする・・・・」「わかりました。やまとなでしことしてお引き受けします」。この会話の内容は見てのお楽しみです。