医院設備のご案内|港区表参道歯科 インプラント(大口式)・審美・矯正・セレック・クリーニング|デンタルデザインクリニック

alt

ホーム > ブログ

これは放射能との戦争だ

日本が未曾有の危機に遭遇している。日本には軍隊は存在しなくて自衛隊しかない。自衛隊と軍隊の最大の違いは何か?軍隊は戦闘中に敵前逃亡すれば射殺されるか軍法会議にかけられる。自衛隊でおそらく射殺されることはないだろうし、刑も軽くて済むだろう。したがってこの日本は人権が最優先されたった一人でもどんなことをしても助ける。そんな中で今回の被曝を覚悟の自衛隊員、警察、消防のみななんにはただただ頭が下がる思いである。一般の人々では海外に出ていく人もいれば、西日本に行く人もいる。特に外国人はどんどん帰国していく。しかし今の放射線レベルで大気中ではほとんど気にしなくてすみそうだ。ではどんなことに気をつければいいかをまとめてみた。これはチュルノブイリ事故の時に実際にドイツで駐在していて人の話を参考にした。
1)今の状態で東京で大気中の放射線量はあまり気にしなくいいが気にする人はなるべく室内に入れば半減する。
2)飲み水、味噌汁、お茶、コーヒーなどそのものの水はできれば、ミネラルウォターがのぞましい。
3)福島、茨城、栃木、群馬の野菜は注意が必要である。(米国では輸入禁止になった)
  特に葉物野菜は注意し、もし食べるのであればよく洗うべし。最上層の葉っぱは捨てるべし。
  根菜類は皮を厚めに剥くべし
4)牧草は十分汚染されているのでミルク、乳製品は注意が必要だ。
5)外に出るときはマスクをしてガーゼを濡らせば万全だ。
6)特に子供には注意すべし
7)40歳以上の人はほとんど気にしなくていい
これを守れば東京にいても問題はない結論である。
  以上これはあくまで僕の主観で書いたので一切責任は持ちません